バンコク、チェンマイ、アユタヤ他、プーケット、サムイ島、パタヤ等のビーチリゾートのホテルや格安ゲストハウス、ツアーや観光情報、マッサージ、タイ料理他レストラン、旅行記や現地情報、タイ人、タイ語やタイ株、ゴルフや夜遊び他、タイの日常やニュースをバンコクより
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサーリンク

ブログ村のランキングに参加しています

にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へ にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

☆世界のビーチ&リゾート 2010 (地球の歩き方ムック)

タイ、パタヤ沖のラン島8

バンコクから車で2時間程度のパタヤ。
更にスローボートで40分くらい沖にある、
周囲10キロくらいの小さな島です。

タイ、パタヤ沖のラン島

パタヤのバリハイ桟橋というところからボートが出ています。

片道一人30バーツのボートはナーバーン桟橋と
タウェーンビーチに着きます。

他に150バーツでサメービーチに行くボートもあるようです。

タイ、パタヤ沖のラン島2

今回はナーバーン桟橋へ向かうボートに乗船しました。

タイ、パタヤ沖のラン島3

のんびり行ったら満席状態…。

タイ、パタヤ沖のラン島4

ボート上からパタヤ方面。

タイ、パタヤ沖のラン島5

ナーバーン桟橋からパタヤ方面。
そんなに遠くないです。

タイ、パタヤ沖のラン島13

桟橋を進むと地元のバイクタクシーが声をかけてきます。

タイ、パタヤ沖のラン島6

乗客の殆どがどんどん先に進んで行くので、ついて行くと
乗合タクシーがいました。

タイ、パタヤ沖のラン島9

目指した先はタウェーンビーチ。
この日の風向きの反対側にあり、海も穏やかでした。

乗合タクシーは一人30バーツ。

タイ、パタヤ沖のラン島7

昼前になり、スピードボートや他のビーチからきた観光客の人などで
大賑わいになってしまい、まるで日本の夏の海水浴場。

海は…、ちょっと入る気にならず…。
眺めてるだけで良いかもしれません。

お昼は沢山のシーフードが出ています。
鳥焼きとかもち米、ソムタムなど買って食べてみました。
ビーチという雰囲気もあり、なかなか美味しいです。

タイ、パタヤ沖のラン島10

タウェーンビーチにあったラン島のオフィス?

タイ、パタヤ沖のラン島11

タウェーンビーチの隣のサンワーンビーチ。

タイ、パタヤ沖のラン島12

帰りはタウェーンビーチから出ているボートで帰りました。
帰りのボートは30分ちょっとでパタヤに到着。
一人30バーツ。

パタヤはバンコクから近く、色々な人が来ています。
パタヤのショッピングセンターにあった日本食チェーン店の
メニューにロシア語が記載されているのには驚きでした。

遊びに来ているタイ人、中国人、韓国人、日本人、インド人などなど。

島にはパタヤの喧騒とは違う島の雰囲気があり、
とても気持ち良いのですが、ポイントは人が少なく
騒がしくない場所をみつけることかと思います。

ノーベル賞受賞成分「EGF」が甦らせる、あなたのその素肌

スポンサーリンク

ブログ村のランキングに参加しています

にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へ にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

FC2blog テーマ:タイ・パタヤ - ジャンル:海外情報

【2010/08/17 18:00】 | タイ観光、ツアー
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。