バンコク、チェンマイ、アユタヤ他、プーケット、サムイ島、パタヤ等のビーチリゾートのホテルや格安ゲストハウス、ツアーや観光情報、マッサージ、タイ料理他レストラン、旅行記や現地情報、タイ人、タイ語やタイ株、ゴルフや夜遊び他、タイの日常やニュースをバンコクより
京都発!料理歴40年以上の職人が作るパリパリ将軍餃子(15個)【お得な中華】点心/ギョウザ

バンコク、ランスワン通りにある中華レストラン、養生堂3

パクパクと食べてしまった水ギョウザ。
香港やマレーシアなどの中華圏にあるローカルの美味しいお店で
食べている感じがしました。

バンコク、ランスワン通りにある中華レストラン、養生堂12

ランスワン通りのスターバックスの斜め向かいにあります。
こじんまりとしていますが、それなりに人が入っている人気店のようです。

スクンビット24に支店があるようですが、こちらの方が入りやすい感じ。

店の前の屋根は「VISA」とカード使えます~って感じなのですが、
会計の時、紙が切れててカードが使えないと言われてしまいました。
基本的に現金の方が良いようです。

バンコク、ランスワン通りにある中華レストラン、養生堂

漢字で養生堂とありました。

バンコク、ランスワン通りにある中華レストラン、養生堂10

英語ではローヤルチャイナレシピ。
タイ語ではヤンセーンタン?

バンコク、ランスワン通りにある中華レストラン、養生堂7

モロキュウに近いようなキュウリのにんにく和え。
さっぱりして美味しいです。

バンコク、ランスワン通りにある中華レストラン、養生堂5

エビ焼きそば

バンコク、ランスワン通りにある中華レストラン、養生堂6

焼きギョウザ。
これも美味しかったです。

バンコク、ランスワン通りにある中華レストラン、養生堂4

茄子料理

バンコク、ランスワン通りにある中華レストラン、養生堂8

水ギョウザ2
ニラ入りと肉入りの2種類があったような…。

バンコク、ランスワン通りにある中華レストラン、養生堂2

黄色がかったショウロンポウ。
風味も不思議な感じがしました。
ここに何気に中華薬膳の風味が使われているのかとも…。

バンコク、ランスワン通りにある中華レストラン、養生堂9

陶器で作られたっぽい中国人形(?)

バンコク、ランスワン通りにある中華レストラン、養生堂11

朝11時~夜23時まで営業。
周囲に住んでる西洋人なんかもよく来てるようです。

チッドロム周辺に行ったときにおススメの一軒です。

>>関連記事 久々に薬膳中華の養生堂(ヤンセンタン)で食べてみた感想
>>関連記事 薬膳中華の養生堂

スポンサーリンク

ブログ村のランキングに参加しています

にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へ にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

FC2blog テーマ:タイ・バンコク - ジャンル:海外情報

【2011/11/18 08:36】 | タイのグルメ、レストラン&カフェ
【タグ】 タイ  バンコク  グルメ  ヤンセンタン  養生堂  中華料理  薬膳  ランスワン  
トラックバック(0) |


タイランドビュー
一番最寄りのBTSの駅がチッドロムです。
駅から歩いて5分くらいかと思います。

美味そうです。
おいおいおい
バンコクは短期しか行かなくなり、
最近まったく開拓していないなーと思っていたので、
洪水から見させていただいておりますが、
こちらのブログ色々と行きたい情報が多くて、楽しいです。

一日歩き回って、夜に開拓するのはしんいですね。
おじさんになったなーと自分でも思います。
素直に誰かの情報を頼りに行くのもいいのかもしれません。

このお店はチットロームから歩いて行けますか?

洪水そろそろ落ち着きそうですね。。。




コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
一番最寄りのBTSの駅がチッドロムです。
駅から歩いて5分くらいかと思います。
2011/12/27(Tue) 22:59 | URL  | タイランドビュー #-[ 編集]
美味そうです。
バンコクは短期しか行かなくなり、
最近まったく開拓していないなーと思っていたので、
洪水から見させていただいておりますが、
こちらのブログ色々と行きたい情報が多くて、楽しいです。

一日歩き回って、夜に開拓するのはしんいですね。
おじさんになったなーと自分でも思います。
素直に誰かの情報を頼りに行くのもいいのかもしれません。

このお店はチットロームから歩いて行けますか?

洪水そろそろ落ち着きそうですね。。。


2011/11/19(Sat) 06:14 | URL  | おいおいおい #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック