バンコク、チェンマイ、アユタヤ他、プーケット、サムイ島、パタヤ等のビーチリゾートのホテルや格安ゲストハウス、ツアーや観光情報、マッサージ、タイ料理他レストラン、旅行記や現地情報、タイ人、タイ語やタイ株、ゴルフや夜遊び他、タイの日常やニュースをバンコクより
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサーリンク

ブログ村のランキングに参加しています

にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へ にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

☆ロードバイクやMTB、自転車用アクセサリーの格安海外通販Wiggle

バンコクから地方へ自転車も一緒に旅行

鉄道駅にはこんな場所があります。
タイ語では商品の受け取り、送りみたいに書かれてます。
自分が乗るためのチケットを先に買った後、手続きします。

バンコクから地方へ自転車も一緒に旅行

計量待ちのMTB

バンコクから地方へ自転車も一緒に旅行

重量を計ったら、ここで料金を支払い。

バンコクから地方へ自転車も一緒に旅行

バンコクからランスワン(道路距離で約530km)まで90バーツ。
積み込み、積み下ろしをスタッフに任せると、さらに30バーツくらい加算。

計算方法は全くわかりません。自転車の重量もかなり適当でした。
電話でコールセンターに確認した料金とはかけ離れてました。
90バーツは安い!

バンコクから地方へ自転車も一緒に旅行

こんな札を付けられました。
乗車駅と下車駅がタイ語で書かれています。

バンコクから地方へ自転車も一緒に旅行

駅のホームに屋台が並びます。
屋台というか、固定店舗ですね。
網焼きの煙が反対側のホームまで食欲をそそる香りと共に流れてきます。
もう見慣れて、何とも思わなくなってしまいましたが、
よく考えると不思議な光景かもしれません。

バンコクから地方へ自転車も一緒に旅行

ホームで列車を待つMTB

バンコクから地方へ自転車も一緒に旅行

荷物車両も降ろす場所によってエリア分けされていました。

バンコクから地方へ自転車も一緒に旅行

2等座席(ファン)の車両

バンコクから地方へ自転車も一緒に旅行

2等座席はリクライニングできます。
バスか飛行機の席を持ってきてつけた感じがしないでもない。

コールセンターに電話したとき、荷物の積み下ろしなども含めて
都合の良い席が良いと思い、おススメを聞くと、2等座席でした。

別に寝台車両でも構わなかったようです。
ただ、駅によって10分近く停車したり、1分で出発したりする駅もあり、
ランスワンは1分だったので、列車を降りて、荷物車両へ向かって走りました。
そしたら、スタッフの人が降ろしてくれてました。

時と場合によっては、車両伝いに荷物車両まで行くことができます。
できない場合もあります。

自分で積み込んで、ワイヤーキーで倒れないようにしたとして、
1分の停車時間の場合、荷物車両が離れてると、間に合わない可能性も…。
その辺は気を付けないといけないかもしれません。

バンコクから地方へ自転車も一緒に旅行

3等座席(ファン)の車内。
これはちょっとチャレンジな感じでした。
2人掛けと3人掛けに分かれていて、
このとき、乗客が少なく、3人掛けの席で横になって寝ることができました。
3等は余程、近距離でない限りはもう…。

バンコクから地方へ自転車も一緒に旅行

3等座席のシート。
夜に走る列車の3等はハードシートではないのかも。
便によって違うのかもしれませんが…。

バンコクへの戻りはチュンポンから道路距離にして約450km。
往路と同じ90バーツでした。

自転車で何日も旅行する時間がない人でも、
鉄道を利用したりすると、それなりに楽しめるかもしれません。
チェンマイなどに自転車を持っていくのもありだと思います。

スポンサーリンク

ブログ村のランキングに参加しています

にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へ にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

FC2blog テーマ:タイ・バンコク - ジャンル:海外情報

【2012/07/26 07:39】 | タイ総合
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。