バンコク、チェンマイ、アユタヤ他、プーケット、サムイ島、パタヤ等のビーチリゾートのホテルや格安ゲストハウス、ツアーや観光情報、マッサージ、タイ料理他レストラン、旅行記や現地情報、タイ人、タイ語やタイ株、ゴルフや夜遊び他、タイの日常やニュースをバンコクより
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサーリンク

ブログ村のランキングに参加しています

にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へ にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

☆ロードバイクやMTB、自転車用アクセサリーの格安海外通販Wiggle

タイ製の自転車について

無理をしない。無理するとすぐに壊れる。
ギアは最後まで使わず中間で間に合わせる。

MTBっぽい自転車で頑張って坂道を登ったときは
ペダルがポキっと折れたことも。錆びによる劣化にしては早過ぎで
品質の問題かと思われました。

ブレーキ、錆び、ギアなど至る箇所で日本製よりも注意が必要。
ペダル周辺はとくに頻繁なメンテが必須。
油断してると、まさかと思われるハンドル部分の締め付けが緩み、焦ったことも。

日本製の安いチャリを買うか、タイで有名ブランドのチャリを買うか、
それとも海外通販で買うか…

タイで安物を買っても、高価なチャリと同じかそれ以上のメンテが
必要になる可能性があるので、だったら、最初から高いのを買っても良いかも。

乗ることよりも近所の買い物程度であれば、ロータスなどの
量販店の安売りのときにでも買ったら良いかもしれません。

タイ製の安物でもメンテなど勉強のためには良いかも。
タイで有名ブランドのチャリはかなり高価なので、
自信のない人にはおススメ。
その後に買う、有名ブランドのチャリの性能、品質がすごく感じとれるかも。

安物を買う場合でも、これ以上ないと思われるくらいに
チェックして、調整してもらう必要がある。
それでも何かしら起きる可能性が高い。

品質保証があるのか、ないのか要確認。
あるのであれば、どの部分がどれくらいの期間、どこで修理を受け付けるかなども。
安いのは、ほぼ、乗り捨て!?。

ふと、チャリでなく、タイ人のことを書いてるのかと思ってしまったり…。
チャリも国民性を反映するのかもしれません。

スポンサーリンク

ブログ村のランキングに参加しています

にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へ にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

FC2blog テーマ:タイ・バンコク - ジャンル:海外情報

【2013/07/08 07:09】 | タイで売っている商品たち
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。