バンコク、チェンマイ、アユタヤ他、プーケット、サムイ島、パタヤ等のビーチリゾートのホテルや格安ゲストハウス、ツアーや観光情報、マッサージ、タイ料理他レストラン、旅行記や現地情報、タイ人、タイ語やタイ株、ゴルフや夜遊び他、タイの日常やニュースをバンコクより
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサーリンク

ブログ村のランキングに参加しています

にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へ にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

☆マレーシア100リンギット以下のホテル

ハジャイからKLまでの寝台列車

予約時にプリントしたチケットには
16時発で全てマレーシア時間とあり、
1時間早く行ったものの、タイ時間16時の出発でした。

タイ国鉄の窓口で聞いても16時と言うし…。

ハジャイからKLまでの寝台列車

ハジャイからは客席車両2両で出発。
マレーシアとタイではホームの高さが違うようです。

ハジャイからKLまでの寝台列車

寝台上段。
小さな窓がついてます。
マットレスはとても柔らかく、体が沈みます。
枕は反発性が高い。
爆睡しましたが…。

ハジャイからKLまでの寝台列車

寝台列車の様子。
タイの列車のように荷物を置く棚はありません。
皆さん、床に置いてました。

ハジャイからKLまでの寝台列車

1時間くらいで国境パダンベサール駅に到着。
乗客の出入国をしている間に列車の切り離し、
再接続をしてホームに戻って来ました。

同じ車両に乗ることになりますが、
荷物は一応、持って降りた方が良い様子。

ハジャイからKLまでの寝台列車

かつてパダンベサール駅にあった両替窓口。
需要が少ないのか、無くなってました…。

車内販売が何かあったのかどうか、不明ですが、
KL到着後、メイバンクの両替窓口が開いていたので、
ここで両替する必要もないかもしれません。

出入国エリア付近で両替するよという人がいましたが…。

ハジャイからKLまでの寝台列車

免税店らしき場所がありました。

ハジャイからKLまでの寝台列車

パダンベサールを18時(マレー時間19時)に出発。
途中、アロースターに停車しているのに気がついたものの、
次に気がついたときはKLでした。

朝7時前にKLセントラル駅に到着したので、
ハジャイからおよそ14時間かかったことになります。

そんなに遠い距離でもないのに、何でそんなにかかるのかと
思いましたが、どうやらノロノロ運行のようで。

寝台上段で54リンギット。
快適な旅行でした。

>>過去の記事 オンラインでハジャイからKLまでの寝台列車を予約

スポンサーリンク

ブログ村のランキングに参加しています

にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へ にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

FC2blog テーマ:タイ - ジャンル:海外情報

【2013/09/17 13:42】 | タイ南部地方
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。