バンコク、チェンマイ、アユタヤ他、プーケット、サムイ島、パタヤ等のビーチリゾートのホテルや格安ゲストハウス、ツアーや観光情報、マッサージ、タイ料理他レストラン、旅行記や現地情報、タイ人、タイ語やタイ株、ゴルフや夜遊び他、タイの日常やニュースをバンコクより
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサーリンク

ブログ村のランキングに参加しています

にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へ にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

☆--写真でみるタイ料理--☆

激減のタイのエビ

タイは世界最大のエビ輸出国だったようです。
生産量では中国がダントツのようですが、ほとんど自国で消費。

生産量2位がタイで53万トン。
世界のエビ生産量の10%なんだそうです。
その8割を輸出。

タイの生産量が病害で半減し、世界生産量の5%が消えることに。
日本の小売店では例年より価格が5割以上、上昇しているようです。

生産急減をもたらした病害は「早期死亡症候群」(EMS)と呼ばれ、
ウイルスに感染したエビは消化器官が破壊され、
成長前に白く変色して死んでしまうそうです。

2010年以降、中国やベトナム、マレーシアで次々と流行し、
昨年末ごろからタイにも上陸。

飼料や稚エビの供給、養殖、製品加工まで一貫して手掛ける
食品最大手チャルン・ポカパン・フーズ(CPF)などは
ウイルス耐性の強い品種改良を進めるなど対策を打ち出してたものの、。
ウイルスの感染経路も分からないなかで、タイが元通りの活況を
取り戻せるかは不透明な感じ。

スポンサーリンク

ブログ村のランキングに参加しています

にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へ にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

FC2blog テーマ:タイ・バンコク - ジャンル:海外情報

【2013/09/22 12:22】 | タイ総合
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。