バンコク、チェンマイ、アユタヤ他、プーケット、サムイ島、パタヤ等のビーチリゾートのホテルや格安ゲストハウス、ツアーや観光情報、マッサージ、タイ料理他レストラン、旅行記や現地情報、タイ人、タイ語やタイ株、ゴルフや夜遊び他、タイの日常やニュースをバンコクより
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサーリンク

ブログ村のランキングに参加しています

にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へ にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

☆--永遠に症状とお別れできる花粉症克服バイブル--☆

サムットソンクラーム県アンパワー産のパームシュガー

砂糖はブラウンシュガーかパームシュガーを使ってましたが、
以前から気になっていたココナッツシュガーが目に止まり、
買って使ってみました。

サムットソンクラーム県アンパワー産のパームシュガー

レシートをみると、アンパワーとあり、
水上マーケットで有名なサムットソンクラム県の
アンパワー産のココナッツシュガーのようです。

ココナッツシュガーとパームシュガーは同じものだと
思っていたのですが、どうも違うようです。

ココナッツシューガーの原料は花もしくは花蕾から
採集した花蜜らしいのですが、パームシュガーは
木の幹にキズをつけて採集する樹液のようです。
パームシュガーはゴムの木みたいな感じだろうか?
木の種類も違うようですし。

いずれにしても、アンパワー周辺では
椰子のプランテーションを多く見かけます。

今回買ったココナッツシュガーは見た感じ固い感じ。
使う時大変そうだと思ってましたが、実際、堅いのですが、
常温に置いておくとサクサクと使いやすくなりました。

甘さはパームシュガーよりもココナッツシュガーの方が甘いです。

採取も花蕾からなので、ハチミツに近いのかと勝手に思ってますが。

パームシュガーを使ったときに感じたクセがココナッツシュガーに
なかったのも特徴。製品によるのかもしれませんが。

これなら、料理でもコーヒー何かにも使えそうです。
というか、実際に使ってみて美味しかったです。

>>関連記事 固形のパームシュガー(椰子糖)
>>関連記事 ペッチャブリー産のパームシュガー(椰子糖)
>>関連記事 ペースト状のパームシュガー(ココナツシュガー?)


パームシュガー・ココナッツシュガーを
>>アマゾンでみる
>>楽天市場でみる
>>Yahoo!ショッピングでみる

スポンサーリンク

ブログ村のランキングに参加しています

にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へ にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

FC2blog テーマ:タイ・バンコク - ジャンル:海外情報

【2013/11/24 13:25】 | タイで売っている商品たち
トラックバック(0) |

Re: ココナッツシュガー
タイランドビュー
思いのほかクセはないです。
パームシュガーでクセを感じていたので、
慣れてしまった部分もあるかもしれません。
煮込み系の料理には少々のクセは影響がないのですが、
コーヒーや紅茶などに入れるならパームシュガーより
ココナッツシュガーかと思いました。
カロリーとかはチェックしてませんが、
確か、血糖値などで一般の砂糖より良いような話を聞いたことがあります。


-
クセはありませんか?
ダイエットにはうってつけと聞いてます。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
Re: ココナッツシュガー
思いのほかクセはないです。
パームシュガーでクセを感じていたので、
慣れてしまった部分もあるかもしれません。
煮込み系の料理には少々のクセは影響がないのですが、
コーヒーや紅茶などに入れるならパームシュガーより
ココナッツシュガーかと思いました。
カロリーとかはチェックしてませんが、
確か、血糖値などで一般の砂糖より良いような話を聞いたことがあります。
2013/11/24(Sun) 20:37 | URL  | タイランドビュー #-[ 編集]
クセはありませんか?
ダイエットにはうってつけと聞いてます。
2013/11/24(Sun) 15:27 | URL  |  #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。