バンコク、チェンマイ、アユタヤ他、プーケット、サムイ島、パタヤ等のビーチリゾートのホテルや格安ゲストハウス、ツアーや観光情報、マッサージ、タイ料理他レストラン、旅行記や現地情報、タイ人、タイ語やタイ株、ゴルフや夜遊び他、タイの日常やニュースをバンコクより
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサーリンク

ブログ村のランキングに参加しています

にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へ にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

☆--タイ北部・チェンマイの安宿情報--☆

12月5日SFシネマで福山雅治主演、そして父になるが公開

世界230の国と地域で配給されるらしい
「そして父になる(LIKE FATHER, LIKE SON)」
がタイでも12月5日から公開されます。

12月5日からは他にも色々映画が公開になるようですが、
タイの国王と言えば、タイ国民にとって父の存在。
そこまで含んでるとは思えませんが。

SFシネマで公開されるようなのですが、
少し前には「おしん」もSFシネマのみでやってました。
日本映画に力を入れている?
確か、宇宙戦艦ヤマトもそうでなかっただろうか?

2013年のカンヌで審査委員長のスティーブンスピルバーグが絶賛。
女優のニコールキッドマンも「後半1時間涙が止まらなかった」と。

監督・脚本 是枝裕和

出演者:
福山雅治(野々宮良多)
尾野真千子(野々宮みどり)
真木よう子(斎木ゆかり)
リリー・フランキー(斎木雄大)
二宮慶多
黄升げん
風吹ジュン
國村隼
樹木希林
夏八木勲
中村ゆり
ピエール瀧
高橋和也
田中哲司
井浦新

是枝裕和作品ではかつて「誰も知らない」もカンヌで話題に。
日本で観てない人にはおススメの映画かもしれません。

既に日本で公開になってるので、ネタバレも多数。
人によって見方が変わるようです。

映画の概要は
6年間育ててきた息子が、生まれたときに病院で取り違えられた
他人の子だったという事実に直面する二組の家族の葛藤

福山雅治は初の父親役だそうです。
あまり似合わない気もしますが…。

タイでは切ない、悲しい、暗い、難しい系の映画は
あまり流行らないような気もするのですが、どうなんでしょう。

個人的には楽しみです。



【文庫】そして父になる【映画ノベライズ】 (宝島社文庫) / 是枝裕和
>>アマゾンでみる
>>楽天でみる
>>Yahoo!ショッピングでみる
>>ヤフオク!でみる

スポンサーリンク

ブログ村のランキングに参加しています

にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へ にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

FC2blog テーマ:タイ・バンコク - ジャンル:海外情報

【2013/12/03 22:14】 | タイ総合
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。