バンコク、チェンマイ、アユタヤ他、プーケット、サムイ島、パタヤ等のビーチリゾートのホテルや格安ゲストハウス、ツアーや観光情報、マッサージ、タイ料理他レストラン、旅行記や現地情報、タイ人、タイ語やタイ株、ゴルフや夜遊び他、タイの日常やニュースをバンコクより
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサーリンク

ブログ村のランキングに参加しています

にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へ にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

☆--香港旅行記・観光お役立ち情報ブログ--☆

バンヤンツリーバンコクの59階にある飲茶ブッフェ、広東中華のバイユン(Bai Yun)

エレベーターで59階まで行くと、まずここに。
予約してたのですが、行くと、何も言ってないのに、
自分の名前をよばれ、案内されました。
階段で上にあがります。

バンヤンツリーバンコクの59階にある飲茶ブッフェ、広東中華のバイユン(Bai Yun)

階段を上がった場所にある入り口前。

バンヤンツリーバンコクの59階にある飲茶ブッフェ、広東中華のバイユン(Bai Yun)

店内の様子。
4人テーブルが多くあり、大きな円卓も2つ、3つありました。

バンヤンツリーバンコクの59階にある飲茶ブッフェ、広東中華のバイユン(Bai Yun)

バンコクから南方面。
チャオプラヤ川が見えました。
天気が良いと海も見えたりするのだろうか?
ちょっと遠いか…。

バンヤンツリーバンコクの59階にある飲茶ブッフェ、広東中華のバイユン(Bai Yun)

少し下に向けて撮ってみました。
セントラルプラザ・ラマ3世方面。


バンヤンツリーバンコクの59階にある飲茶ブッフェ、広東中華のバイユン(Bai Yun)

お茶とポット。
最初のうち、ホールの人がついでくれてたのですが、
忙しくなってきて、お茶をお願いすると、ポットがきました。
最初からポットを置いておいてくれてもよかったのに。

個人的に、飲茶の味が濃い目だったので、お茶をたっぷり飲みました。

最初にお茶をたのんだのはよいのですが、
飲茶のメニューには写真がなく、英語とタイ語で解読しないといけません。
が、面倒なので、おススメは?と聞いて最初の注文。
後で2回目の注文は、しっかり解読したつもりです。

バンヤンツリーバンコクの59階にある飲茶ブッフェ、広東中華のバイユン(Bai Yun)

最初に出てくる前菜。
春雨の太いやつ、なんだっけ?
ゴマ油の香りがきいてました。
下には刻まれたガリがひいてありました。

カニカマはタイではシーフードの王様ではないかと思うくらい。
かなりの市民権というか存在感を示しています。

バンヤンツリーバンコクの59階にある飲茶ブッフェ、広東中華のバイユン(Bai Yun)

今日のスープ。ホウレンソウスープ。
海藻系も入っていたようで、とても美味しかったです。

バンヤンツリーバンコクの59階にある飲茶ブッフェ、広東中華のバイユン(Bai Yun)

右は豆腐に色々のってるもの。
上の緑のはホウレンソウのなんちゃら。
左はエビが3匹くらい入ってました。

バンヤンツリーバンコクの59階にある飲茶ブッフェ、広東中華のバイユン(Bai Yun)

ライスヌードルのペーパーバージョンにくるまれたもの。
カイラン菜が添えられてます。
中にエビが3匹並んではいってました。
上にのってるパートンコーと呼ばれる中華揚げパンが
よいアクセントになってました。

と、この辺までが、1回目の注文。そして、

バンヤンツリーバンコクの59階にある飲茶ブッフェ、広東中華のバイユン(Bai Yun)

色つきのトビッコがのってるな~と思って食べたら、
中にはエビが入ってました。

このとき、全部エビ入りじゃないの?と思った瞬間です。
エビ大好き人間にはかなりのおススメ。

バンヤンツリーバンコクの59階にある飲茶ブッフェ、広東中華のバイユン(Bai Yun)

タイ料理でシーバスに酸っぱいような辛いようなソースが
かかってるものがありますが、その飲茶バージョン。

バンヤンツリーバンコクの59階にある飲茶ブッフェ、広東中華のバイユン(Bai Yun)

カニのはさみ。
タイで有名なプーパッポンカリーの飲茶版。

バンヤンツリーバンコクの59階にある飲茶ブッフェ、広東中華のバイユン(Bai Yun)

排骨(スペアリブ)のカレー煮?

バンヤンツリーバンコクの59階にある飲茶ブッフェ、広東中華のバイユン(Bai Yun)

中華まん。

バンヤンツリーバンコクの59階にある飲茶ブッフェ、広東中華のバイユン(Bai Yun)

中華まんの中身。
これ、美味しい!

バンヤンツリーバンコクの59階にある飲茶ブッフェ、広東中華のバイユン(Bai Yun)

最後にでてきたデザート。
アイスとバナナフリッター。

バンヤンツリーバンコクの59階にある飲茶ブッフェ、広東中華のバイユン(Bai Yun)

行く前はネットで見ても、料金が見当たらず、
一体いくらなんだ?と思ってました。

月~金が1050バーツ、土日が1270バーツ。
これに飲み物は含まれません。
さらに10%のサービス料金と7%の税金がかかります。
そこそこ良い値段ですね。

飲茶のランチブッフェは11:30~14:30
要予約です。

一応、ドレスコードがあります。
カジュアルなんだそうですが、短パンは絶対NG。
ジーンズでもきれい目な感じだったら、いけるかも。
そんなに厳しくないような気がしました。

料金はじめ、ネットで色々口コミを見ていったのですが、
賛否両論なコメントがあり、どうなのかと思ってました。

個人的には「おススメ」できます。

スタッフの愛想もよく、テキパキと動いてました。
飲茶も食べ放題と思ったら、大間違い。
単品でいけるクオリティの高さです。

マリオットやエバーグリーンホテルの飲茶も有名で、
美味しかったのですが、景色も含めると、バイユンかと。

バンコクは色々食べるものには事欠かないのですが、
もし、ランチに困ったら、来るかもしれません。
というか、また、そのうち食べたいです。

一つだけ残念なのが、広東なのにショウロンポウがないこと…。

スポンサーリンク

ブログ村のランキングに参加しています

にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へ にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

FC2blog テーマ:タイ・バンコク - ジャンル:海外情報

【2014/03/21 13:27】 | タイのグルメ、レストラン&カフェ
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。