バンコク、チェンマイ、アユタヤ他、プーケット、サムイ島、パタヤ等のビーチリゾートのホテルや格安ゲストハウス、ツアーや観光情報、マッサージ、タイ料理他レストラン、旅行記や現地情報、タイ人、タイ語やタイ株、ゴルフや夜遊び他、タイの日常やニュースをバンコクより
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサーリンク

ブログ村のランキングに参加しています

にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へ にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

☆--ミャンマーのネットで予約できるホテル--☆

奴隷労働があるらしいタイの漁船とタイ食品最大手ジャルーン・ポーカパン・フーズ(CPF)

タイ南部など海に面した場所で、タイの漁船を多く見かけます。
南部チュンポン県やラノーン県などでは多くのミャンマー人が
出稼ぎにきていて、漁船やシーフード工場などで働いているようです。

ミャンマー人の女性は頬にタナカと呼ばれる化粧みたいのをするので、
よくわかるのですが、海の近くに家族で住んでいたりしています。

かつて、「ミャンマーに帰りたくない」と言ってたのを覚えてます。
軍事政権の頃はそうだったのかもしれません。

最近、英紙ガーディアンがタイの漁船に売られたミャンマー人、カンボジア人らが
奴隷労働を強いられていると報じ、ドキュメンタリーまで作ってたようです。

タイでの仕事をあっせんすると人身売買組織に騙され、
売られてきた外国人が奴隷労働を強いられているらしい。

奴隷は何年も陸に上がらず無給で過酷な労働を強いられ、
船上での暴行、処刑も日常茶飯事とのこと…。

本当ですか!?
これはタイの話!?

「奴隷船」からエビ養殖飼料の原料となる魚を買い上げているとされる
タイの食品大手ジャルーン・ポーカパン・フーズ(CPF)がやり玉に。

タイから撤退した仏カルフールはCPFからエビの調達の中止を発表。

CPFは人身売買や奴隷労働の疑いがある事業者からの
魚の調達を停止する方針を発表。

CPFが奴隷労働の存在を認めている…。

アメリカではタイを人身売買が行われている国としてブラックリストに登録し、
タイ産エビの輸入を禁止することを検討している様子。
ここで煽ってるんじゃないの?
クーデターを扇動したり、批判したり…。

CPはタイの長者番付で常に上位で、タイ経済の重鎮だし、
中国とも深く繋がってることだし。

英国第3位のスーパーマーケットチェーン、
テスコはCPFとの取引を継続するらしい。

テスコはタイにテスコロータスがあるし、
CPが絡んでて、簡単に手を引けないだろう。

最近は違法就労のカンボジア人の大量帰国が
ニュースになってましたが、軍政が取り締まると言う噂も
どこから出てきたのかと勘繰ってしまいます。

いずれにしても奴隷労働はちょっと…。

スポンサーリンク

ブログ村のランキングに参加しています

にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へ にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

FC2blog テーマ:タイ・バンコク - ジャンル:海外情報

【2014/06/19 12:26】 | タイ総合
【タグ】 タイ  漁船  奴隷労働  ミャンマー  カンボジア  CPF  チャルーンポカパンフーズ  エビ  
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。