バンコク、チェンマイ、アユタヤ他、プーケット、サムイ島、パタヤ等のビーチリゾートのホテルや格安ゲストハウス、ツアーや観光情報、マッサージ、タイ料理他レストラン、旅行記や現地情報、タイ人、タイ語やタイ株、ゴルフや夜遊び他、タイの日常やニュースをバンコクより
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサーリンク

ブログ村のランキングに参加しています

にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へ にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

☆--バンコクのジョイナーフィー無料のホテル--☆

マッサージパーラーの金魚蜂

タイの娼婦たちを撮った写真について、写真家・大橋仁氏が
許可を得ずにゲリラ的に撮影したとインタビューで告白してしまったらしく
ネット上で批判が出て、物議をかもしているようです。

問題の写真は恵比寿ガーデンプレイス内にある
東京都写真美術館で2007年に開催された
日本の新進作家vol.6スティル/アライブで展示されたもの。

2005年ごろからタイの買春宿に通い、撮影を始め、
撮影禁止とあちこちに表示された部屋にコンパクトカメラを持ち込み、
フラッシュをたいて何枚も娼婦たちの写真を撮ったそうです。
娼婦たちはパニック状態になり、逃げ出すなどすると、
用心棒のような男性たちが走って来て怒鳴られる。
取り押さえられても、「バカな観光客のフリ」をし、とぼけていたらしい。

まあ、許可もなかなか出ないような気もしますが、
いくら写真好きのタイ人でもその場所でいきなりはちょっと。

展示された写真にはマッサージパーラーの金魚蜂らしき写真も。
はじめて行った時はやはり驚きでした。
「選べ」と言われても…と思ったことがあります。

小学生でも入れる写真展だったようですが、
タイを知ってる人ならともかく、知らない人は
それを見て、どう思ったのだろう?

まあ問題になってるのはゲリラ撮影ですが。

スポンサーリンク

ブログ村のランキングに参加しています

にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へ にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

FC2blog テーマ:タイ・バンコク - ジャンル:海外情報

【2014/12/29 20:40】 | タイ総合
【タグ】 タイ  ゲリラ撮影  男性写真家  大橋仁氏  無許可  撮影  タイの娼婦  写真  論議  東京都写真美術館  
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。