バンコク、チェンマイ、アユタヤ他、プーケット、サムイ島、パタヤ等のビーチリゾートのホテルや格安ゲストハウス、ツアーや観光情報、マッサージ、タイ料理他レストラン、旅行記や現地情報、タイ人、タイ語やタイ株、ゴルフや夜遊び他、タイの日常やニュースをバンコクより
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサーリンク

ブログ村のランキングに参加しています

にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へ にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

☆--写真でみるタイ料理--☆

タイで売ってる中国セロリ、クンチャーイ(คื่นช่าย)

タイのサラダなどによく使われています。
日本のセロリに近く、その香りが苦手な人も。
しかし、タイ料理は味も香りも主張が強い食材、
味付けが多く、セロリならクセがない方かも。

中国セロリや芹菜、キンサイ、チンツァイ、スープセロリなどと呼ばれ、
タイ語ではクンチャーイ(คื่นช่าย)。

濃緑色をした葉をシャキっとしてて香りがあるものが良いようです。

日本にも、16世紀末に加藤清正が大陸から持ち帰ったようですが、
あまり定着しなかったようです。
そういえば日本で見たことがありません。

カロテンを多く含むようなので、油で炒めたものなどと
一緒に食べると良いかもしれません。

スポンサーリンク

ブログ村のランキングに参加しています

にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へ にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

FC2blog テーマ:タイ - ジャンル:海外情報

【2015/04/22 08:31】 | バンコク
【タグ】 タイ  野菜  中国セロリ  スープセロリ  クンチャーイ  加藤清正  カロテン  
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。