バンコク、チェンマイ、アユタヤ他、プーケット、サムイ島、パタヤ等のビーチリゾートのホテルや格安ゲストハウス、ツアーや観光情報、マッサージ、タイ料理他レストラン、旅行記や現地情報、タイ人、タイ語やタイ株、ゴルフや夜遊び他、タイの日常やニュースをバンコクより
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサーリンク

ブログ村のランキングに参加しています

にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へ にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

メナムの残照 (角川文庫) トムヤンティ; 西野 順治郎【中古】

クーカム(メナムの残照)の原作本

「ヒデコ、僕はあなたを愛している」

何だか、中学校の読書感想文になってしまいそうですが、簡単に。

タイに進駐した日本人兵コボリと彼の勤務する造船工場の横に住む
アンスマリンとの悲劇の愛の話。

本にすると、結構厚めの2冊になります。
最初は、アンスマリンと幼なじみのタイ人男性ワナスとの絡みや
アンスマリンの家族、生活など長々と続き、展開が遅い感じ。
ワナスは、アンスマリンに待っていてくれと言い残し、海外留学。

クーカム(メナムの残照)の1ページ

その後、戦争がタイにも広がってきて、
造船所の所長コボリがアンスマリンの前に現れます。

コボリはストーカーとは言わなくても、何だかんだ
アンスマリンに近づきます。
アンスマリンはワナスの「待っていてくれ」の言葉もあり、
なかなかコボリと仲良くなりません。

色々あってコボリとアンスマリンは結婚することに。
戦争まっただ中に政略結婚的に。
結婚してもコボリとアンスマリンの仲は微妙。

留学してた筈のワナスが諜報員となってパラシュートで帰国。
アンスマリンはワナスの言葉で呪縛から解放。
そして、コボリとの仲が急に良くなっていきます。

ある日、酔っぱらった勢いで、コボリがアンスマリンを妊娠させましたが、
だんだん夫婦っぽくなっていきそうなところで…。
トンブリ―駅。ワナスたちの協力の元、連合軍は的確に駅を空襲。
コボリは重傷を負ってしまう。
アンスマリンはコボリを探しに行き、発見するも、最期を看取ることに。

「コボリ、あなたを愛します」

タイっぽくない悲劇のような気がしました。
タイでは何度も映画化されていて、老若男女、誰でも知っています。
ちょっとした話題にもなるかもしれません。

スポンサーリンク

ブログ村のランキングに参加しています

にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へ にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

FC2blog テーマ:タイ - ジャンル:海外情報

【2016/01/11 08:57】 | タイ総合
【タグ】 タイ  クーカム  メナムの残照  アンスマリン  コボリ  ヒデコ  ワナス  トンブリー駅  戦争  悲劇  
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。