バンコク、チェンマイ、アユタヤ他、プーケット、サムイ島、パタヤ等のビーチリゾートのホテルや格安ゲストハウス、ツアーや観光情報、マッサージ、タイ料理他レストラン、旅行記や現地情報、タイ人、タイ語やタイ株、ゴルフや夜遊び他、タイの日常やニュースをバンコクより
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサーリンク

ブログ村のランキングに参加しています

にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へ にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

ライレイでクライミングをはじめたものの、クライミング器材が
ないためレンタルすると結構な費用がかかり、
あまりできなくなってしまいました。
クライミング自体は器材もそれほど高価なものではなく、
相方がいれば、とても安くすることのできるスポーツです。

ある日、ピーピー島に行くことを決め、大した荷物も持たずに
ボートに乗り込みました。
ピーピー島に到着し、宿泊先を決めフラフラしはじめました。

島の中心部はそれほど大きくなく、歩いて回れるほどでした。
車が走っていなく、荷物を運ぶのはバイクに荷台をつけたもので
行われていました。

歩くと、とにかくダイビングショップが密集していてすごいなと
思いました。
重たいタンクを背負い、頑張って海まで歩いているではないですか。
更にチキンの丸焼きが店頭に並ぶ店が多く、何だろと思っていたら
ゲストハウスのタイ人がモスリムが多い島だからとのことでした。
更に歩いていると、岩を登っている人を発見しました。

ここでまたクライミング熱が高まってきて、クライミングショップを
尋ねることになりました。
フランス人の女性が経営しているショップでしたが、
ライレイで始めたことを伝えると理解してくれ、
明日からクライミングすることになりました。

ここではじめてクライミングのテクニックを教えてもらいました。
フランス人のオーナーはフランス、アメリカ、タイで
クライミングの指導暦が確か15年くらいあり、
写真家として、クライミングメーカーのカタログに
写真を提供していました。

彼女に僕の名前が覚えずらいと「ゆうじ」と命名され
呼ばれていました。
日本人で有名なクライマーとのことでした。
他のクライマーにも「知らないのか?」と言われました。
かなり後になって知ったのですが、とても有名な名前だったことが
わかり、このニックネームは相応しくないと彼女にメールをしました。

そして更にクライミングを続けることになっていきました。

スポンサーリンク

ブログ村のランキングに参加しています

にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へ にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

FC2blog テーマ:タイ - ジャンル:海外情報

【2006/03/31 20:48】 | タイのスポーツ
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。